ドッグフード

犬が好き|ワンちゃん情報まとめサイト

正しいドッグフードを選ぶことは愛犬の健康状態だけではなく寿命も左右する

正しいドッグフードを選ぶことは、愛犬の飼い主にとっては必ず考えなければならないことです。

 

人間と同じように、犬も毎日の食事で健康状態や寿命が変わってきます。

 

その愛犬に合ったドッグフードを選ぶことができれば、毎日健康的な体調を維持できるようになるでしょう。

 

ドッグフードの種類と効果

小型犬や大型犬など、今犬をペットとして飼っている家庭が増えています。
とくに小型犬は室内で飼いやすいということから人気が高く、さらに毎日の散歩を行わなくても部屋で遊ばせることができるため、小型犬は高い人気を誇っています。

 

しかし、こうした小型犬こそドッグフードには気を付ける必要があります。
ドッグフードの種類には、大きく分けて二種類あり、乾燥したタイプとウェットなタイルです。

 

それぞれのタイプにはメリット、デメリットがあり、このタイプ別の特徴を上手に使い分けて与えることが重要となります。

 

ドライなタイプは犬にとって大切となる歯の健康維持にとても高い効果を発揮します。噛む力を付けるだけではなく、犬は物を噛むことでストレスを発散する動物なので、ドライタイプのドッグフードは犬のストレス発散にも効果があるのです。

 

また、葉の弱い犬や胃の栄養吸収能力が低下している犬にとっては、ウェットタイプのドッグフードを与えることが望ましいと言えるでしょう。

 

参考サイト:人とペット(犬・猫)の寿命を比較した換算表

 

ドッグフードの栄養素を理解する

しかし、最も大切なことはドッグフードに含まれている栄養素を飼い主がしっかり理解することでしょう。どのような栄養素が犬にとって必要であるかを理解してドッグフードを選んでいる飼い主は非常に少ないはずです。

 

犬にとって毎日必要となる栄養素にはタンパク質やミネラル、糖質や炭水化物、そしてビタミンがあります。
こうした栄養素をバランス良く取り入れたドッグフードを選ぶことが大切なことだと言えるでしょう。

 

とくにタンパク質は重要な栄養成分となります。犬はれっきとした肉食動物であり、人間が想像している以上にタンパク質を必要としているのです。
ダイエットなどという名目で、動物性タンパク質を含まないドッグフードを選ぶ飼い主もいますが、犬の場合、植物性タンパク質ではなく、動物性タンパク質でなければ意味がありません。

 

犬の肥満状態を解消するには、タンパク質を省くのでなく、毎日の運動により解消を目指すことが重要となるのです。
毎日食べるドッグフードなので、飼い主がしっかり時間をかけて選んであげることが、愛犬の健康維持に繋がることを理解しておきましょう。

 

参考サイト:パン君のドッグフードおすすめランキング|安全なものを選んでね

 

散歩と健康とエサについて。

 

愛犬は散歩が大好きで雨が降っていても気にすることなく散歩に行きたがります。友人の犬は雨が降ったら、散歩に行きたがらないと聞いて、犬にも性格があり個性があるのだと思いました。

 

散歩に連れていく時は、排泄物を必ず見て健康状態を確認しています。排泄物は日によって多少の違いはあります。しかし、特定のエサを与え続けると排泄物に違いがはっきり表れます。

 

動物性タンパク質をしっかり摂取できている犬は排泄物が硬めです。臭いもきつくありません。反対に穀物を多く摂取していると排泄物の臭いがきつくなって緩くなります。また排泄物の色が薄い場合は、肝臓が悪い可能性が考えられます。

 

以前、排泄物の色の変化が気づき病院で診察を受けた際に、肝臓が悪いと診断されました。そして「エサを見直すように」アドバイスを頂きました。また尿の色や量にも注意を払ってください。水をたくさん飲んでいると色が薄く、糖尿病の可能性が考えられます。

 

回数が増えたり、尿を出さない場合は、尿路結石の可能性も考えられます。私は、あまりにも安いドッグフードは避けるべきだと思います。また賞味期限が1年以上の物は、信用できないので買わないようにしています。

 

総合栄養食を聞いたことがありますか?ほとんどのドッグフードを見ると総合栄養食と書いてあります。ドッグフードだけで健康維持ができ、成長に必要な栄養を不足なく摂取できることを表していますが、私は賛成できません。

 

ドッグフードは私たちにとっては簡単で都合のいいものです。しかし日頃の犬の健康状態に合わせて作ってあげる手作りのエサが最も良いと考えます。

 

更新履歴