犬 しつけ 時期

犬のしつけは早い時期に正しく行うことが重要

 

愛犬を正しくしつけることは、飼い主にとって必ず行うべきことです。

 

しかし、犬をしつけることは決して簡単なことではありません。正しい方法をしっかり身につけ、時間をかけて行うべきなのです。

 

正しい犬のしつけ方法

犬のしつけはとても時間がかかります。そのために、間違った方法を続けてしまうことで、無駄な時間を使ってしまうだけではなく、時間をかけたにも関わらず、しつけに失敗してしまったということにもなりかねません。

 

また、犬のしつけは成犬を迎える時期では遅く、早ければ早い時期ほどしつけの効果が早く現れます。
では、正しいしつけ方法とはどういった方法でしょうか。

 

まず、一口にしつけと言ってもしつける内容により、よのしつけ方法は変わってきます。

 

しかし、重要なポイントは過剰に怒らないことです。犬は飼い主を常に信頼している動物であり、過剰に怒ってしまうことで、その信頼関係が崩れてしまうことがあります。

 

とくに、成犬を迎える前の状態では、出来る限り怒りつける場面よりも、褒める場面を多くすることが望ましいしつけ方法だと言えるでしょう。

 

また、もし怒る場面になった場合は、出来る限り短く端的に怒るようにしましょう。

 

だらだらと長く怒ってしまっては、何が理由で怒っているのかを犬が理解できなくなってしまいます。

 

必ずその場面のみで怒るようにし、反対に褒める場合は過剰なほどのアクションを交えて褒めてあげることが大切です。

 

犬のしつけに役立つ道具

犬のしつけを行う場合は、さまざまな道具を屈指することをお薦めします。

 

決して道具に縛り付けるのではなく、道具を分かりやすく持ち出すことで、犬にも分かりやすく感情や行動を理解させることができます。

 

例えばリードです。散歩などでは必須アイテムですが、リードはしつけ時にもとても有効なアイテムに変わります。

 

自分と同じ歩幅で歩かせるしつけを行うときや、リード自体を引っ張っては行けないことを理解させる場合に、このリードはとても重要なアイテムになってきます。

 

また、感情をしっかり伝えるために褒めてあげるときには餌を利用することも良い方法です。

 

良いことをすればご褒美がもらえると言ったしつけは良く使われる方法ですが、あくまでも餌は褒めるときのオプションであり、しっかり体全体で褒めることを主としましょう。

 

愛犬のしつけは面倒だという感情で行うべきではありません。そうした気持ちは不思議と愛犬に伝わってしまいます。

 

必ず愛犬も自分自身も、楽しくしつけができる環境を整えることが重要なポイントです。